« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

00061_4

2頭はよく水を飲みます

沢に行けば足まで浸かって飲んだり、マンホールのちょっとした窪みに溜まっているわずかな水も見逃しません

2頭は仲がよく、たいてい同じことをしています。今のところは、エサの器も2頭で1つを使いケンカもせずに食べています。

00062_3

今日は近くのドライブインで出張に向けての練習をさせてもらいました

モモは‘待て’がうまくなりました見てくださいこんなに離れたってちゃんとじっと待っているんです

では、水に因んでもうひとつ

この日の帰りに、野生のイノシシの‘ヌタ場’を見に行ってきました

00063 ヌタ場

ヌタ場とは水が溜まっているような場所や湧き水のあるような場所で、イノシシが‘ヌタウチ’をする所のことです。イノシシには泥浴びをする習性があります。転がって体に泥を塗りつけることで虫から体を守るとされていますが、これをヌタウチといいます。

写真でも壁面がイノシシによって擦られているのがわかります。

2006年11月26日 (日)

体の不思議 PART3

00059 あご

あごの下に黒い模様があるのがわかるでしょうか?

模様というのか一点に黒い毛が生えているのですが、これも子供のうちからどのイノシシにもあるんです大きくなっても黒い毛は残っていますが、今は寒さが増すにつれて体毛がボーボーに生えているのでわかりやすい写真は載せる事ができないのが残念です。。

00060 シマが消えた頃

分かりにくいかもしれませんが、上の写真にもあるように大きくなってもあごの下に一点黒く毛が生えているところがあります

何のためにあるのか、何かの名残で残っているのかはわかりませんが、不思議です

2006年11月25日 (土)

ふれあいフェスティバル

00056 11月23日

伊豆箱根本社『ふれあいフェスティバル』に行って来ました

来年の干支であることもあってイノシシの展示スペースをいただいて、たくさんの人達とふれあいました

00057

大人から子供まで多くの方が見に来てくれて、実際にウリ坊やサクラとモモともふれあってもらい、芸を披露したり、記念撮影も行いました。

00058

初めて見る子供達からは、

‘ワンって鳴く??’ ‘牙はある??’

というように様々な質問を受け、イノシシに興味を持ってもらえたようでした

2006年11月22日 (水)

小田原

昨日は仕事の打ち合わせでイノシシ達も連れて小田原駅まで行って来ました

その時に試しに抱っこされたウリ坊は力が入ってしまったようでお漏らしをしてしまうというハプニングがありましたが、なんとか抱かれている間はおとなしくしていました

話は変わって…

00055

先日、小さなお客さんがやってきてイノシシと年賀状用に写真撮影をしていました。

立ち上がれば子供達よりも大きいイノシシを前におっかなびっくりの子供達

イノシシをじっと待たせておくのも大変ですが、それより苦労したのがお母さんでした3人の子供の動きを止めてカメラ目線にするのに大苦戦なかなか3人揃ってカメラ目線の写真は撮れず、おまけにイノシシの注意をそらせようとすれば子供たちまでそちらが気になってしまい、全然カメラ目線どころではありませんでした

イノシシがじっとしていれば子供達が揃わず、子供達がじっとしていればイノシシが動いてしまったりと、てんやわんやになりながら撮影会は終わりました

果たしてどんな年賀状ができるのでしょうか?(*^-^)

2006年11月18日 (土)

11月18日

00053

今日は一段と冷えて、ウリ坊達もヒーターの下にいることが多かったのですが、エサの時間になるとサクラとモモに釣られて、5頭も‘ピーピー’と声をあげて大騒ぎです

00054 カメラはお構いなし

サクラとモモはだいぶ声も低くなり、迫力のある図太い声をあげたりもしますが、ウリ坊達はまだかわいらしい声で鳴いています(^-^)

2006年11月14日 (火)

体の不思議 PART2

野生のイノシシは年中食べ物を求め行動しているため、冬眠はしません。

そして、イノシシは汗をかかないため、体温調節が難しく暑さに弱い動物です。

なので冬は日の当たる暖かい場所にいることが多く、夏には涼しい場所にいることが多いです。

また、イノシシには臭腺(臭いを出すところ)はないと言われていますが、実は臭腺のようなものが前肢にあるんです。

00052

写真はサクラの前肢の内側を撮ったものですが、ポツ ポツ と毛穴のようなものがあります

2006年11月12日 (日)

11月12日

00050

先日、イベントの広告用に撮影をして最終的に撮れたものの一部です。

サボテンのハリに鼻が触れると痛いようで、みんなこんな顔をしていました

00051

さて、5頭のウリ坊達ですが、日に日に成長していてミルク主体だったエサも固形物を食べるようにもなってきました。

人にもだいぶ慣れてきていて、体をなでてやるとコテッと横たわり気持ちよさそうにしています

2006年11月11日 (土)

体の不思議 PART1

00046 サクラ

ほぼ毎日芸の練習に励んでいる2頭ですが、昨日のサクラは集中力がなく、悪戯ばかりしていてひどく怒られていました。その間、モモはというと練習の出番待ちで私とのんきに遊んでいます。

しかし今日は2頭共やる気満々!!でした(^-^)

00047 訓練の様子

さて、今日はイノシシの体の不思議 PART1 をお送りします

00048

よく見ると後肢の付け根付近に旋毛(つむじ)があるのがわかりますか?

この旋毛、ウリ坊の時からあるのですが、どのイノシシにも同じような場所にあるんです

00049 拡大するとこんな感じ

小さい頃は結構柔らかい毛をしているのですが、大きくなるとかなりの剛毛です(^_^)

2006年11月10日 (金)

11月10日

00044

だんだんと大きくなってきて、エサの器も5頭が顔を入れればいっぱいいっぱいです

昨日は広告用のためにウリ坊の撮影をしました

00045

背景にシーツを使ってみたりして撮影に試みましたが、なかなかうまくいかず…

普段何気なく撮る分には苦労はしませんが、動物相手にいいものを撮ろうとするとなかなか難しいです

2006年11月 4日 (土)

名無し

ウリ坊が来てから1ヶ月経ったのに名前はついていません(^_^;)名無しなので特徴を1頭ずつ紹介します。

00039 メス

体が1番小さい。小さい割りに食い意地は張っていて最後までミルクの器から離れない。

00040 メス

今のところ一番人懐こい。メスの中では体が1番大きい。

00041 オス

よく食べてよく寝る。体が大きい。

00042 オス

もう1頭のオスと同じ体格でよく食べる。

00043 メス

おっとりしていて2番目に体が小さい。

2006年11月 3日 (金)

みの毛

00035 サクラちゃん☆

00036 モモちゃん☆

↑ 光の加減でちょっと怖いですが(苦笑)

イノシシといえば大きな鼻や牙などもイメージに湧いてきますが、立派な‘たてがみ’をご存知ですか?

たてがみは首の後ろから背中にかけて生えている体毛より長い毛で、これを‘みの毛’と呼んだりもします。長さはだいたい10~20cm程。

00037

おとなしくしている時にはそれほど目立ちませんが、興奮したりするとこんな風にみの毛が立つんです撫でられて気持ちがよい時にもみの毛は立ちます(↑)。人間でいう鳥肌が立つような感じですかね(^_^)

00038 サクラ

ちなみにこれ(↑)は、小さい頃のサクラちゃん

ウリ坊の時にも一丁前にまだ短いみの毛を立てるんですまだ短くてわかり辛いですが毛が立っています

2006年11月 2日 (木)

11月2日

00032 おねむ…

5頭のウリちゃん達は生後1ヶ月を迎えました。

食欲旺盛になってきて、エサの度にミルクの器の上では飲み場争いが繰り広げられています小さいくせにこれが結構激しいんです(苦笑)

00033 車内

昨日は初めてイノシシ号(出張用バス)に乗せて長野県まで行って来たのですが、疲れも見せず今日は元気に走り回っています。

00034

最近では、はしゃいでテンションがピークに達するとまだ声は小さいですが‘ホッホッホッ’と声を上げながら小屋の中をグルグルと走り回りますしかも1頭が走り出すとみんな釣られて全頭で走るんです

時には周りのウリに賛同してもらえない時があって、1頭だけでクルックルッとその場で回転しながら飛んだり走ったりしています

安曇野市立 堀金小学校

00028 11月1日

サクラとモモとウリ坊達を連れて長野県へ(ウリ坊 初出張!!)

堀金小学校の1年2組の生徒さん達がイノシシを飼っているということで、イノシシの様子を見に行って来ました

この小学校で飼われているイノシシの名前は‘イノチャン’ 今年の7月19日生まれの女の子

00029 イノちゃん

イノチャンは広~い中庭で飼われていて自由に過ごしていました

イノシシの話やイノちゃんのしつけ方の話をさせてもらっている間、イノチャンはガラス越しにホールのそばにずっといました

生徒さん達からはたくさん質問を受け、モモもみんなの前でちょっとした芸を披露しました。

00030 リンゴ農園

そして、帰りには思いがけない体験ができました

リンゴ狩り?ッぽいリンゴ拾いです長野といったらやっぱりリンゴですよねイノシシのエサ用にリンゴを買っていこうとしたら、今回お世話になった担任の先生のご親戚がリンゴ農園をしているということで、出荷しないリンゴをいただけることになったのです

もちろんイノチャンの分もたくさん拾って、人間も捥ぎたてで蜜たーっぷりのリンゴをおやつにいただいて…

結局、こんなにたくさんのリンゴをいただいちゃいました

00031

ありがとうございました

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

最近の写真

  • 2019!!